SU Podiumm V2.5.x Plusを初めてインストールする場合は、下の「初回インストール」セクションにお進みください。

SU Podium V2.5.x にはコードの大々的な見直しが施され、SU Podium V2やV2 Plusの前バージョンに比べ、ジオメトリやテクスチャ処理が格段に速くなりました。

また、パノラマレンダリングや分析ツールの改良、より優れた「作成スクリプト」機能、サポート言語の拡大、バグ修正といった新機能が複数追加されました。V2.5アップグレードについての詳細はこちらと、V2.5.5の新機能をご覧ください。

SketchUp 2017/2016/2015/2014対応V2.5.5 Plusへのアップグレード: ご購入

  • 既存の V2 Plus、またはV2ユーザー:低料金でアップグレードを提供します。アップグレード が必要な理由を知りたい方は、こちらをお読みください

  • すでにV2.5.xをお使いの場合、V2.5.5アップデートは無償です

  • V2.5.x Plus用の(前バージョンとは)まったく異なるライセンスコードを手に入れるにはアップグレードの購入が必要です。V2.5.x Plus Plusは、V2のライセンスコードではアクティベートできません。処理速度の大幅向上を考えれば、この低料金のアップグレードは大いに買い得と言えます。ここでお求めください

 既存のSU Podiumバージョンをお持ちの場合、アップデートをインストールする前にSU Podium V2、またはV2.5の旧バージョンをアンインストールしてください。今回初めてSU Podium V2.5をインストールする場合は、上記は無視してください。アンインストール手順については下記をお読みください

  • 無償トライアルページまたは、SU Podium ダウンロードページにお進みください。V2.5.x Plusの適切なバージョンをダウンロードし、V2.5.x Plusのライセンスコードでフルバージョンをアクティベートします。

  • 無償トライアルバージョンのユーザーには、ライセンスコードは送られません。License Managerダイアログボックスが開き、ライセンスコードの入力を促しますが、無視してください。評価版の使用期限は30日間です。

どのSU Podiumバージョンが必要?

  • SketchUp 2017/2016/ 2015/2014には、V2.5.x Plusが必要です。旧バージョンのSU Podium V2、またはV2 Plusをお持ちの方、V2.5.xへのアップグレードは低価格です。SketchUp 2017、または2016、2015をご使用の場合は、V2014.x Plusをお使いください。

  • SketchUp 8をお使いの場合は、ここからSU Podium V2 Plus (バージョン V2.18.940)をダウンロード/インストールしてください。V2.5 PlusとV2Plusとの大きな違いはシーン処理時の速度の差です。

  • Windows 7、8、10 ユーザー - SU Podium V2.5.x Plusには、SketchUp 2014、または2015、2016、2017が必要です。SketchUp 8や2013には対応していません。

  • SketchUp 8をお使いの場合は、ここからSU Podium V2 Plus (バージョン V2.18.940)をダウンロード/インストールしてください。V2.5.x PlusとV2Plusの大きな違いはシーン処理時の処理速度と、V2.5.x Plusにはパノラマ機能が新しく追加されたことです。


  • Mac ユーザー - Mac対応SU Podium V2.5.x Plusには、SketchUp 2014、または2015、2016、2017が必要です。SketchUpが対応しているOSバージョンが必要になります。

  • Mac対応のSketchUp 8 をお使いの場合は、ここからSU Podium V2 Plus (バージョン V2.18.940)をダウンロード/インストールしてください。V2.5.x PlusとV2Plusとの大きな違いは、シーン処理時の速度と360°パノラマ対応です。V2.5.x Plusについてはこちらをお読みください。


推奨ハードウェア:

  • SU Podium V2.5.x Plusレンダリングエンジンはマルチスレッドなので、CPUコアを最大限に利用します。コアが多いほど、処理能力が上がります。3Dシーンデータを保持するには、一定以上のRAMも必要です。RAMが多いほど、より複雑なモデルをレンダリングできます。64ビットMac/Windows OSをお使いなることを強くお勧めします。Macは64ビットOSです。SketchUp 2015も64ビットOSに対応しました。ただし、SketchUp 2014、2015、2016対応のWindows 32ビットをサポートするバージョンもあります。SketchUp 2017は32ビットOSに対応していません。

  • 使っているSU Podiumのバージョンを調べるには? - SU Podiumのライセンスをお持ちの場合、SketchUpのプラグイン、または拡張機能プルダウンメニューで、使用しているバージョンを確認することができます。次にSU Podium V2.xに進み、Aboutを選択します。Version 2.5.x Plus には、2.5.xx(またはそれ以上)といったバージョン 2.5.x 番号があります。

SU Podiumを初めてインストールするユーザー(トライアル/有償)からしばしば次のような質問を受けます。

  1. Q. 無償トライアルユーザー - ライセンスマネージャが開き、ライセンスの入力を促すのはなぜ?

    これは、無償トライアル期間の残り日数を知らせる単なる「通知」です。無償トライアルユーザーはライセンスマネージャを無視して結構です。

  2. Q. 初回インストール(有償ユーザー) - 解像度はグレー表示され、情報バーは依然イメージ上に表示されます。

    ライセンスをアクティベートしたら、トライアルモードを解除するためにSketchUpを再起動します。

バージョン2.5のリリース以前にSU Podiumライセンスを購入した方は、v2.5 Plus(またはそれ以降)をアクティベートするのにアップグレードの購入が必要です。

v1、v2、v2 plus用のアクティベーションコードでは、SU Podium v2.5+(またはそれ以降)をアクティベートできません。新しいアクティベーションコードは、アップグレード購入時にEメールにてお届けします。

SU Podiumを初めてインストールする場合: アップグレード料金は不要です。最近SU Podiumライセンスを購入したという方は、V2.5ライセンスを購入しています。

既存のv2.5 Plusユーザーは(特に指摘がない限り)、継続リリース (v2.5.x、2.5.5、またはそれ以降)は無償です。

  Windows インストール

1. インストールを開始する前にSketchUpを完全に終了します。

2. SU Podium V2.5 Plus for SketchUp 2017, 2016, 2015, 2014をダウンロード - V2.5 Plus ダウンロードページ ご使用のSketchUpとWindows OSと一致するバージョンを選びます。

3. インストールプログラムが開始します。 SU Podium V2.5.x Plus for Windows SketchUp 2014, 2015, 2016 or 2017のデフォルトのインストール場所:

  C:\ProgramData\SketchUp\SketchUp 201x\SketchUp\plugins

インストールを実行すると、plug-insフォルダの上にSU_Podium_V2.5という名前のサブフォルダが作成されます。また、pluginsフォルダには、SU_Podium_V2.5.rbsという名前のrubyロードファイルが入ります。

4. SketchUpを開き、拡張機能メニューでSU Podiumを選択します。 また、SU Podiumアイコンツールバーもロードされます。


5. 誤ってV2.5.x Plusの間違ったバージョンをインストールした場合は、アンインストール手順を読んでから 正しいバージョンをダウンロード/再インストールしてください。

V2.5のいずれかのバージョンのライセンスをお持ちの場合、V2.5.xの最新バージョンへのアップグレードは無償です。ただし、最新V2.5.xをインストールする前に、まず旧バージョンをアンインストールしてください。アンインストール手順については下記をご覧ください。次にここに進んでダウンロード 同じライセンスコードを使用します。必ず旧バージョンをアンインストールしてください。

旧SU Podium V2やV2 Plusユーザーは、SketchUp 2017/2016/ 2015対応SU Podium V2.5.x Plusへのアップグレードの購入が必要です。ご購入はこちら 購入が完了すると、新しいライセンスコードが送られてきます。これは V2ライセンスコードとは異なります。このライセンスコードは、V2.5.x Plusにのみ動作します。

1. SU Podium V2からV2.5.x Plusへのアップグレードには、まずここからアップグレードを購入してください。旧いV2、またはV2 Plusのライセンスコードをご用意ください。購入が完了すると、新しいライセンスコードが送られてきます。これは V2ライセンスコードとは異なります。このライセンスコードは、V2.5.x Plusにのみ動作します。

2. 前バージョンをアンインストール - SU Podium V2から SU 2015 、または SU 2014対応V2.5.x Plusにアップグレードするには、(前バージョンがインストールされている場合)まず、SU Podium V2 の前バージョンをアンインストールしなければなりません。お使いのSketchUpのバージョン(SU 2014、またはSU 2015)と一致するSU Podiumアンインストールプログラムを選びます。アンインストールしないと、クラッシュする危険があります。SketchUp 2016には、SU Podiumの前バージョンはないので、アンインストールする必要は何もありません。

3. インストールを開始する前にSketchUp 2014/15/16を完全に終了してください。

4. SU Podium V2.5 Plus for SketchUp 2014, 2015, 2016, 2017をダウンロード - V2017 Plus ダウンロードページ SketchUpとWindows OSと一致するバージョンを選びます。

6. インストールプログラムが開始します。 SU Podium V2.5.x Plus for Windows SketchUp 2014, 2015, 2016 or 2017のデフォルトのインストール場所:

  C:\ProgramData\SketchUp\SketchUp 201x\SketchUp\plugins

インストールを実行すると、plug-insフォルダの上にSU_Podium_V2.5という名前のサブフォルダが作成されます。また、pluginsフォルダには、SU_Podium_V2.5.rbsという名前のrubyロードファイルが入ります。


7. 誤ってV2.5.x Plusの間違ったバージョンをインストールした場合は、アンインストール手順を読んでから 正しいバージョンをダウンロード/再インストールしてください。

  Mac インストール

  1. 開始する前にSketchUpを完全に終了します。

  2. SU Podium V2から V2.5.x Plusにアップグレードする場合、まず、SU Podium V2の前バージョンをアンインストールします。お使いのSketchUpのバージョンと一致するSU Podiumアンインストールプログラムを選びます。

  3. お使いのOSとSketchUpバージョンと一致するSU Podium V2.5 Plusバージョンをダウンロードします。 V2.5 Plusダウンロード先

  4. ダウンロードした.zipファイルをダブルクリックします。これでインストールファイルが .pkgファイルにジップ解除されます。
    メモ: 必ず、MacIntoshアーカイブツールを使ってジップ解除、あるいはパック解除してください。WinZIPは使用しないでください。

  5. インストールパッケージをダブルクリックしてインストールを開始します。SU Podium V2インストール時に「unsigned developer(身元不明の開発元)」問題が生じる場合は、こちらをお読みください

  6. プロンプトが表示されたら、「Install for All Users of this computer(このコンピュータのすべてのユーザー用にインストール)」を選んでください。Podium インストールダイアログ Mac

  7. このインストール操作で、SU Podium V2.5 Plus は、Macintosh HD\Library\Application Support\SketchUp 201x\SketchUp\Plugins\ フォルダにインストールされます。

  8. SketchUpを開きます。SU Podium V2.5 Plus がSketchUp プラグイン、または拡張機能プルダウンメニューに現われます。また、Podium V2.5ツールバーも表示されます。

既存のV2.5 Plusユーザーなら、アップグレードは無償です。What's new、あるいは What's New月刊ニュースレターをお読みください。

SU Podiumの旧バージョンをお使いの方は、SketchUp 2014/2015/2016/2017対応SU Podium V2.5 Plusへのアップグレードの購入が必要になります: アップデートを購入 購入が完了すると、新しいライセンスコードが送られてきます。これは V2ライセンスコードとは異なります。このライセンスコードは、V2.5. Plusにのみ動作します.

  1. SU Podium V2から SU 2017、または SU 2016、2015、2014対応V2.5 Plusにアップグレードするには 、まずアップグレードを購入してください。旧いV2、またはV2 Plusのライセンスコードをご用意ください。購入が完了すると、新しいライセンスコードが送られてきます。これは V2.5ライセンスコードとは異なります。このライセンスコードは、V2.5. Plusにのみ動作します。

  2. 開始する前にSketchUpを完全に終了します。

  3. SU Podium V2から V2.5.x Plusにアップグレードする場合、まず、SU Podium V2の前バージョンをアンインストールします。お使いのSketchUpのバージョンと一致するSU Podiumアンインストールプログラムを選びます。

  4. お使いのOSとSketchUpバージョンと一致するSU Podium V2.5 Plusバージョンをダウンロードします。 V2.5 Plusダウンロード先

  5. ダウンロードした.zipファイルをダブルクリックします。これでインストールファイルが .pkgファイルにジップ解除されます。
    メモ: 必ず、MacIntoshアーカイブツールを使ってジップ解除、あるいはパック解除してください。WinZIPは使用しないでください。

  6. インストールパッケージをダブルクリックしてインストールを開始します。SU Podium V2インストール時に「unsigned developer(身元不明の開発元)」問題が生じる場合は、こちらをお読みください

  7. プロンプトが表示されたら、「Install for All Users of this computer(このコンピュータのすべてのユーザー用にインストール)」を選んでください。Mac Podium 再インストール場所

  8. このインストール操作で、SU Podium V2.5 Plus は、Macintosh HD\Library\Application Support\SketchUp 201x\SketchUp\Plugins\ フォルダにインストールされます。

  9. SketchUpを開きます。SU Podium V2.5 Plus がSketchUp プラグイン、または拡張機能プルダウンメニューに現われます。また、Podium V2.5ツールバーも表示されます。

  1. Unidentified Developer(身元不明の開発元-「Unidentified Developer」 メッセージが表示されて、SU Podium V2 Plus pkgを開けない場合 解決策

  2. SketchUpにプラグインや機能拡張のメニューが表示されない - 解決策

  3. パック解除にWinZipを使用しないでください -ダウンロードしたインストールファイルは、必ずMacアーカイブツールでパック解除してください。WinZIPは使用しないでください。インストールファイルをWinZIPでパック解除すると、インストールプログラムがSU Podium V2.5やV2 Plusを正しくインストールしない場合があります。

  4. Mac Install Failed! - 解決策

  5. クラッシュ -インストールは正常に行われたが、レンダリング時にPodiumがクラッシュする こちらをお読みください


Podium Browserヘルプトピックの閲覧はここをクリック

Poidum Browserは、SketchUpのハイレベルなコンポーネントライブラリで、SU Podium V2.5.x Plusでの使用に合わせて最適化された高品質でレンダリング準備の整ったコンポーネントが15,000万個以上納められています。有償コンテンツ

Browserライブラリには、物理的に正確な照明装置やインテリア/エクステリアシーン用の家具、高解像度テクスチャ、Podiumマテリアル、建築要素、その他多数の信じがたいほど多様なアイテムが揃っています。Podium Browser 無償コンテンツは、SU Podium V2.5.xといっしょにインストールされます。有償コンテンツ取得には、ライセンスキーの購入が必要です。有償コンテンツには新しいコンテンツが含まれ、毎月追加されるたびに自動的に入手可能になります。

Podium Browser には、850を超える無償アイテムが納められています。これらはPodiumのトライアル期間(30日)が過ぎても使用可能です。詳細はこちらをご覧ください。

Podium Browser FAQについてはこちらをご覧ください。

Podium Browser FAQ・その他のページ