SU Podium V2.5、または V2 Plus を使用するにあたり、知っておくべきもっとも重要なことは、適用するプリセットの選択です。

レンダリングプリセットは、Krayレンダリングエンジンのさまざまなパラメータ設定の複雑さを解消し、様々な照明シナリオ用に特別に作られたいくつかの基本設定を提供します。端的に言えば、必要なのは、プリセットを選んで「Render」をクリックするだけです。実際には、いつも単純とは限りませんが、ほとんどの場合、予期しない問題が生じた時用のシンプルな解決策が用意されています。このチュートリアルでは、SU Podiumの様々なプリセットタイプを説明し、任意の状況に応じた適切なオプションを選ぶのに必要な情報を提供します。

プリセットの紹介 - スピード VS 品質

現在のところ、SU Podiumには、Exterior 2.0、Interior Bright 2.0、Interior 1.0.5の3つのメインプリセット「カテゴリ」があります。また、「ニュートラル」なスタンドアロンのデフォルトプリセットもあります。

  • Exterior: エクステリアイメージをレンダリングする際には、エクステリアプリセットを使用します。
  • スタンドアロンDefault: Defaultは、エクステリアシーンやインテリアシーンでの使用向けには調整されていませんが、両方で使用できます。また、多くの場合、エクステリアシーンでは、exterior_defaultより良い品質になります。
  • Interior Bright: interior_bright 2.0プリセットは旧バージョンの標準インテリア (1.0.5) プリセットのグローバル照明レベルを上げた、単に明るめのバージョンです。
  • Interior 1.0.5: これらは、SU Podium v2.5以前のバージョンの標準インテリアプリセットです。

各プリセットカテゴリは、5つのタイプに分かれています。後ほど詳しく説明しますので、ここでは5つのタイプがあることだけ憶えておいてください。podiumプリセットはすべてレンダリング速度とレンダリング品質の折衷です。

プリセットタイプ 処理速度 品質
Preview 最高速 最低
Default 高速 中程度
High 遅い 最高
Fine AA 最低速 最高エッジアンチエイリアシング
QMC 最低速 最良~良(QMCについては下記をお読みください。)

「default」プリセットは高速かつ、ある程度良い品質のイメージを作り出します。これらは、「preview」よりはるかに正確な照明結果をもたらすので、通常テストレンダリングには「default」プリセットの使用をお勧めします。


プリセットタイプに関する詳細情報

Preview、default、high: これらは、「preview」は最低品質、「high」は最高品質など、作り出されるレンダリングの品質に応じて名づけられています。レンダリング品質を上げると、イメージをレンダリングするのに必要な計算の数が増えるため、レンダリング時間が大幅に遅くなります。テストレンダリングには、「preview」や「 default」(推奨)を使い、より高い品質結果がほしい最終イメージには「high 」を使います。

「high」プリセットは、照明(グローバル照明)のサンプル数や反射品質、アンチエイリアッシングを増やします。こうした品質向上がレンダリング時間を大幅に長くします。インテリアイメージの場合、最終イメージには通常 highプリセットを使うべきです。エクステリアには、「exterior default」で済む場合もあります。

これら3つの品質設定がほとんどのケースに対応するので、大半のレンダリングでこれらを使用することになるでしょう。一方、「Fine AA」と「QMC」設定は、特別な状況用です。詳細は下記をお読みください。

「fine」と「QMC」カテゴリは、特定用途に優れた、状況対応のプリセットです。たいていのケースでは、標準プリセットが速度と品質の最良の組み合わせをもたらしますが、「fine」や「QMC」の使用が必要になる場合もあります。

  • Fine AA - 「fine AA」プリセットは、highプリセットがモデル上のエッジ詳細のレンダリングでそれほど良い結果を出せない場合に使用します。これの古典的な例は、家具や影の隙間、ケーブルといった非常に細かい詳細があるモデルです。詳細が小さすぎたり、隙間が細すぎると、highプリセットは詳細を正しく解像できません。
    fineプリセットは、highプリセットと照明品質は全く同じですが、より品質の高いアンチエイリアシングが設定されています。アンチエイリアッシングが細かいほど、レンダリング時間は格段に長くなります。
  • QMC - QMCは、不偏レンダリングプリセットです。力ずくの解決法だと考えてください。つまり、非常に正確ですが、非常に時間がかかります。QMCは、highプリセットより格段に遅いですが、はるかにブロッチが少なくなります。highプリセットは「不偏」レンダリングアルゴリズム(高速だが、ランダム)で、斑点のある照明を作り出す場合があります。QMCは、フォトン(光子)を均一にシーンに放射するので、QMCプリセットは、ブロッチを作りがちという問題を排除します。

プリセット例 - 比較と使用ページ

このセクションでは、各プリセットのサンプルレンダリングと使用統計を示して、各プリセットがどのような結果を生み出すのかをお教えます。これらのレンダリングで次のモデルを使用しましたので参照してください。